びわの寺の命名の由来

≪びわの寺≫は2012年鎌倉市の保健所に登録済みの鍼灸院です。日本に仏教が伝えられたころ、お坊さんたちは病気で苦しむ人にお寺でお灸を行っていたといわれています。かつてお寺は困っている人の相談にのったり、学校や病院の役割を担っていました。お寺は人が生きていくうえでのさまざまな問題に寄り添い、具体的に応えるところでした。医療とお寺は苦しむ人を「救済する」という同じ目的をもっています。ともに歩むことで本来の目的をより豊かに達成できるものなのです。病院の院は寺院の院からきています。≪びわの寺≫はかつてのお寺の在り方にならい「カウンセリング」「瞑想」「お灸」により苦悩する仲間として寄り添い、こころとからだの声に耳を傾けていきます。こころの静けさのなかで≪いのちの叡智≫に目覚めたとき、人は多くの問題から解放されていきます。ほんとうの自由と安らぎへの旅をはじめましょう。お気軽にお問い合わせください。

 

びわの寺のミッション

いくつもの素朴な疑問から始まりました

もし進歩した現代の医療が正しいのであれば、病人は年々減っているはずです。

安定が幸せの条件であれば、朝の通勤電車で人々の顔は笑顔で輝いているはずです。

どうして毎年100万人以上のがん患者が新たに発生し、3万人もの人が自殺をするのでしょうか?

 

西洋医学で効果のない人、西洋医学に疑問を持つ人などが鍼灸院を訪れます。健康への意識が高いようにみえても、この食べ物はカラダに良くない、その生活習慣は病気に良くない・・・いくら頭で理解しても人はなぜ変わることができないのでしょうか?

 

そして病院に行けばすぐにレントゲンや薬がオーダーされます。大量の医療廃棄物、 医薬品の開発のための残酷な動物実験・・・。人間の健康のために他の動物が犠牲になり環境が汚染されるようなあり方は 正しい医療の道といえるのでしょうか?

 

 いくつもの素朴な疑問が≪鍼灸院≫の枠を超えていく始まりでした。

いままでの活動

カラダの健康はライフスタイルからという信念のもと、セルフケアとしての「お灸教室」食生活改善のための「ファスティング」「プチ断食」ココロの健康のための「瞑想講座」占いによる「人生相談」など鍼灸院としては異色の活動を展開してきました。また女性修験道行者として日々、自然との交流のなかで森羅万象の叡智の声に耳を傾けながら修行を続けています。

 

東洋医学的なセルフケアにより自分のカラダを大切に扱い、瞑想的な時間を持つことは、どんな人にも必要なことです。その人の与えられた条件の中でライフスタイルを改善し、ほんらいの自分らしい輝きを取り戻すお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

社会貢献活動として「被災地支援」「無料相談」「ベジタリアンへの啓発」などを行っています。

エシカルヴィーガンとして動物を食べないだけでなく動物製品の不買や動物実験をしない企業での購買などを心がけています。

 

びわの寺の活動の様子

出会いの縁を大切に、お一人ごとに誠実に丁寧に向かい合うことをモットーとしています。

そのため「瞑想レッスン」も基本的にはプライベートレッスンとなっています。

 

リーズナブルに仲間と楽しみたいというご要望にも最大限応えるために、毎月「イベント体験」を各メニューでとりいれています。