びわの葉療法

びわの葉療法の歴史

びわの木はインドや中国南部に自生するバラ科の常緑樹で古くから優れた薬効があることが知られていました。

 

3千年以上前のインドの仏典『涅槃経』のなかでびわの木は

最高の薬木として「大薬王樹」びわの葉は病気を癒して憂いをなくす扇「無憂扇」と記載されています。

 

日本には奈良時代に仏教とともに伝えられました。当時のお寺にはびわの木が植えられお坊さんたちは仏教活動のかたわら病気で苦しむ人にびわの葉療法を行なったと伝えられています。

 

びわの葉療法は西洋医学が発達した現在でも、医療が効をなさない難しい病気や治りにくい症状に驚くほどの効果を発揮し多くの人を癒し続けています。

びわの葉について

強い抗がん作用と鎮痛作用

びわの葉にアミクダリン(ビタミンB17)やエルムシンという薬効成分が含まれています。アミクダリンには強い抗がん作用があることが知られています。

 

また、アミクダリンは体内で分解される過程で安息香酸という成分がつくられます。それには強力な鎮痛効果がありモルヒネでも止められないがんの痛みを和らげます。

びわの葉療法のいろいろ

びわ生葉湿布 今地院療法 びわ葉エキス療法 びわ葉こんにゃく療法 びわの葉のお風呂 びわの葉の煎じ汁療法 びわを食す びわの葉灸

びわの葉エキス

 ①びわの葉を洗い乾かします

 ②2センチぐらいに刻みます

 ③ホワイトリカーを加えます

密封して室内の暗いところに保管

夏場で2ヶ月半 冬場で4ヶ月ほどで出来上がります