お灸と自然療法

自然療法フルコース

自然の力で元気になる 身体へのカウンセリングと祓い清め

 

身体の不調に対して、自然の力を借りて治す方法は、先人たちの智慧の結集です。西洋医学では治療法がない病気や症状に対して、意外な効果がみられることも。

カラダがだるい、冷えやむくみ、コリや痛み、女性特有のカラダの悩みに薬に頼らない自然の力でカラダのなかから元気にします。

 

西洋医学的観点から病気の見立てを行いますが、一方で病気の原因を心身の「邪気」によるものと想定します。「浄化」を行い「気」を補い「気」の流れを改善させます。

 

カラダを診て、その方のカラダと対話をしながら施術内容を決めていきます。

 

 医療廃棄物を出さない手技で地球にも優しい治療を行うことをミッションとしています。 

 

【神闕灸】おヘソに竹で塩灸をします。 おヘソは(神闕=しんけつ)というツボで神の宿るところ。

 塩のヘソ灸の効果は毒出しをして、生命エネルギーを補い身体の中心から元気にします。

【こんにゃく湿布/ 塩湿布/ぬか湿布】こんにゃくは腸の毒素や不要物を取り除く働き。塩や糠には浄化や身体を温める効果があります。

【びわの葉灸】酸性に傾いた汚れた血液を弱アルカリ性に戻します。それにより本来備わっている免疫力、自然治癒力を活性化します。

【足湯】薬草入りの足湯で足から邪気を出します。

【温石】海の石のパワーで温めます。

【ほうろく灸】頭のてっぺんにある≪百会≫のツボを刺激して全身の気を動かします。

 最後にほうろくに挟んだ「拭き取り紙」といういう霊符で全身を拭き取り全身の邪気を祓い清めます 

 

 


ほうろく灸祈祷

 

邪気を祓って 天の気をチャージします「ほうろく灸祈祷」は「ほうろく」という素焼きの皿を頭にのせて、その上でもぐさを燃やします。頭のてっぺんにある≪百会≫のツボをツボを刺激をして全身の気を動かします。ほうろくの裏側には「拭き取り紙」といわれる霊符を書いた紙をはさんでいます。 お灸が終わったあとにこの紙で全身を拭き取ります。そうすることで体中の邪気が拭き取られます。

 

「百会」夏バテ防止 自律神経の頭痛 耳鳴り 精神不安定 抑うつ 更年期障害 薄毛

    中風(脳血管障害後遺症 パーキンソン病)

    全身の調整 血流を良くする

    集中力アップ 学力向上 

    頭の魔を封じる→ボケ封じ

びわの葉灸

びわの木はインドや中国南部に自生するバラ科の常緑樹で古くから優れた薬効があることが知られていました。3千年以上前のインドの仏典『涅槃経』のなかでびわの木は最高の薬木として「大薬王樹」びわの葉は病気を癒して憂いをなくす扇「無憂扇」と記載されています。

 

日本には奈良時代に仏教とともに伝えられました。当時のお寺にはびわの木が植えられお坊さんたちは仏教活動のかたわら病気で苦しむ人にびわの葉療法を行なったと伝えられています。

 

びわの葉にアミクダリン(ビタミンB17)やエルムシンという薬効成分が含まれています。アミクダリンには強い抗がん作用があることが知られています。また、アミクダリンは体内で分解される過程で安息香酸という成分がつくられます。それには強力な鎮痛効果がありモルヒネでも止められないがんの痛みを和らげます。

 〈効果〉がん 難病 鎮痛 体質改善 あらゆる病気 

 

 

塩灸

 おへそ周囲のツボに塩のお灸をします。

「塩」にはケガレを祓う浄化作用があります。ミネラルを含む天の粗塩は適度に湿気を含んでいるため熱が強くつたわります。「火」も浄化の力をもっています。

 

おへそは神闕(シンケツ)というツボです。神の宿る神気の門戸という意味です。この部分は筋肉や皮下脂肪がないので熱がダイレクトに内臓へと届きます。へその周囲には全身の気・血・水の腰痛働きと流れに活力を与える重要なツボが集まっています。へその下には気の集まる「丹田」があります。そこにお灸することで生命エネルギーを補い身体を根本から元気にします。

 

〈効果〉養生 胃腸症状 冷え むくみ 泌尿器疾患 婦人科疾患 不妊症 神経痛 腰痛 

    自律神経失調症 不眠症 小児疳の虫

しょうが灸

スライスしたしょうがの上にもぐさをおいて火をつけます。

しょうがの薬効とお灸の相乗効果でいままで体験したことのない温感がカラダににしみわたります。

 

しょうがの作用で毛細血管が拡張してよどんだ血液や湿邪が流れます。気血が通じることで邪気を祓い症状を解消します。

 

しょうがの薬効

辛味成分ジンゲロンやジョウガオールには殺菌作用、芳香成分シネオールには発汗・解熱・消炎作用があります。

 

〈効果〉肩こり 腰痛 関節痛 

 

 

エナジー鍼

人間の身体には目に見えない「気」の通り道である「経絡」があります。

その気の通り道にある気の出入り口でが「経穴」ツボです。目に見えないものは目に見えない力で変化させることが可能です。皮膚を傷つけるこなく、医療廃棄物も出さずに確かな治療を行います。

 

手技1「てい鍼」刺さないはりによる治療

手技2「エナジー治療」施術者の意念によりの気を動かす治療

 

治療を受ける方はただリラックスしていてください。

エネルギーの流れにより眠気が出てくる場合もありますが寝てしまってもかまいません

 

 

遠隔治療